悪質情報販売にご用心


■ 情報商品の価格

情報商品(情報商材)の値段を、高いと感じるか安いと感じるかは、当然、人によって違う。

情報商品は、値段だけを言えば1000円程度のものから、高額な数万円のものまである。
様々なジャンルの情報商品があるが、主にビジネス、投資、ギャンブルなどの情報商品は高額だといえる。

価格設定の主たる理由は、 購入した情報に沿って行動すれば、購入金額はすぐにペイできる、
という触込みのものがほとんであるが、
価格に見合った、もしくはそれ以上の価値のある情報もあれば、
高額な上に、ウソ・インチキ情報まで存在する。

購入に支払った金額よりも大きいリターンが得られる優良情報も数多くあるが、
それには、購入者自身の資質と行動が大きく関わっている。

どんなに優れた情報を購入しても、
情報に沿って行動をおこさない人には、『高額な出費』にしかならない。

明らかなウソ・インチキ情報は論外であるが、
価格が安いという理由で購入してみたら、知っている情報ばかりだったケースや、
購入したら核心に当たる内容が希薄で、
それを補うにはさらに別の情報を購入する必要がある、などのケースもあり、注意が必要である。

このようなことから、価格が高い、安いと、情報の善し悪しは直接関係しないという事と、
情報商品の価格が商品価値に見合っているかどうかを判断する事は難しいと言う事がわかる。

重要なのは、情報商品購入を価格だけで決断しない事である。

オークション




[PR] レディースプエラリア 借金返済相談 借金無料相談