悪質情報販売にご用心


■ ネットオークションと情報販売


日本のネットオークションは、
ヤフーオークションをはじめとして個人が気軽に物品販売できる場として、
ブロードバンドの普及と共に急速に一般に定着した。


しかし、その急激なオークション市場の成長の裏で、
膨大なオークション出品の管理体制の問題と、
安全な取引方法の確立の普及の遅れもあり、
ネットオークションのトラブルが続出、一時期社会問題となった。


その後ネットオークションのガイドラインが確立され、
法整備などが行われたことによって、
オークション 違法な物品の取引が次々と取り締まられた。


偽ブランド品をはじめ、海賊版DVDおよびCD、
更には児童ポルノビデオやDVD、脱法ドラッグなど、
違法な物品の取引が次々と摘発され、日本のネットオークションも
一時の混沌とした状況を脱し、成熟期に入ったともいわれるが、
未だネットオークションを利用した詐欺事件などは後を絶たない。


日本における情報販売市場は、まだまだ未成熟な市場である。
そういった意味ではネットオークションでの情報販売取引は、
消費者トラブルを生みやすいといえる。


ネットオークションでの情報購入にあたっては、
価格や取引方法の詳細はもちろん、商材についての質問や、
出品者の素性などについても積極的に質問しておきたい。


重要なのは、後でトラブルにならないように、
購入に関する疑問を徹底的につぶしておく事である。




[PR] レディースプエラリア 借金相談 借金相談